■カラダの変化

かみさまとのやくそくの上映会が終わり
夏のイベント一段落でほっとしています。

なんだか、終わって ほーっと身体を休めている時間

そんななにもしない時間に 余韻を味わい、
身体で感じ 幸せ、喜びを心から感じています。

身体の感覚を味わう時間をつくること それが幸せを感じることなのだと
こうやって変化したから分かります。
(今までって、頑張って終わったらすぐ次のことを考えて・・
立ち止まってはいけない、そんな風に突っ走ってきたから感じてこなかったなーと
改めて思うこともしばし・・)

今年に入って 身体が変わる
ということを身を以て、経験をする整体師さんとのご縁が繋がり
身体の変化をとても感じています。

いままでも、身体のことをずっとずっとしてきたからこそ
あと、一歩の何かが分からず、本当にいろんなところに身体を観てもらい
経験と知識は肥え、ジプシーになっていました。

そんな折、そのあと一歩に気付かせて頂き
呼吸がふっと全身に染み渡るのを感じた時
あ、30年間これ求めていた!と身体が発するのが分かりました。
呼吸をすること、身体を感じること
改めて、感じて
この身体で感じる新しい感覚にであいました。

この半年で

今まで本当に、沢山学び、経験し、感じてきたこと
でも、そんなたくさん得てきたコードは、繋がる先が分からず、
しまいには絡まって、ほどけなくなっていた
そんなコードの、塊がほどけて、ひとつひとつ繋がる場所へコンセントが繋がり始めた
そんな感覚です。

身体が変わることで、内側からの変化もとても大きく
身体と魂、心の繋がりをもう一度確認しています。

時折、自分以外の感情の波に流されてしまいそうになること
今でも多々あるけれど
身体は自分を感じていくことで変わることを感じたら
【流される】ことと【流れる】ことも学びました。

格段に過ごしやすくなったこの身体
でもね、だからこそ、調子に乗って無理をしてしまうのが私・・
ここ数日、リンパと咳に不調がでていました。

そんな時
あ。。。ごめんね。。
本当にありがとう
まだ、こんな癖がある私、許してね・・
でも、本当は愛してるの

そんな、ホオポノポノの言葉が出てきました。

このいのちを営む身体を授けて頂いたこと
ここにしかない わたし という身体
いのちを繋ぐからだを授けてくださった両親
ご縁を繋いでくださったご先祖様
に感謝をして、
この身体とともに自分に丁寧に生きることで
私が授かった使命を果たしていきたい

自分の身体を慈しみ、
人生を味わって生きる為に
感じる感性がいつも豊かであるように

その、資本である肉体を大切にしていきたいし
そうすることは、人が幸せであるための
なによりの基本なのだと想います。

感情の癖、無理をいつも身体は教えてくれます。
使命に間違った方向であるときには、必ず身体は教えてくれます。
だからこそ、わたしは何時も身体に素直であれるよう、
自分の肉体が喜ぶことには貪欲に、
身体を慈しむ自分でありたいなって
これからも精進していこうと想います

28381386_480x319

[ ■カラダの変化 ]blog,mind -心-2014/07/25 09:15